読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bad Summer Day Blues

「感情を高ぶらせてペン先から煙を出すためにはそれなりの覚悟ってヤツが必要だ」

雑記

2016年読んでよかったし人に勧めたくなった本7選

和田です。 今年はしっかり本を読む時間が少なかったのですが、まとめてみようと思いました。 最初に 2016年読んでよかった本 岸政彦『断片的なものの社会学』(2015) 高橋源一郎『丘の上のバカ ぼくらの民主主義なんだぜ2』(2016) 高橋源一郎『ゴーストバス…

「ぐるぐる温泉」ってインターネット黎明期の共通言語だと思ってた

メモみたいなもんです。今日のは。///近所のコンビニが潰れても不便になったという以外にそれが何やらと感慨を与えてはくれないのは、コンビニという存在は1つ消えたところで代替可能なものであるからだと思う。最近は、少し遠くのコンビニまで歩くことを余…

わくわくするもの

Seal - NAKATEK - pop'n music 8 AC CS pop'n music 6[BMS]O-SE - イルカ85ふと行き着くあてのないネットサーフィンをしていたら、なんとなく情報に行き当たって、思い出したこの曲たち。 多分まだ、音楽を作ろうと思って情報やソフトウェアを頑張って集めて…

誕生日抵抗日について

5月5日で24歳になりました。 歳男です。自分は案外お祭り事が嫌いじゃなくて、そういう非日常感がやっぱり必要なんじゃないかって思っているタイプの人間なので、こういう節目みたいなのも人並みに気にしてしまうし、祝われることも大変ありがたかったです。…

何者でもないという幸福について

先週末、ライブ遠征で宮崎に行った。その週は、宮崎としても異例と言っていい程暖かく、比較的過ごしやすい気候だったように思う。宮崎の人々は暖かく、町中は穏やかで、食事はとても美味しかった。商店街の中にも、宮崎の時間はとても独特に流れていて、ソ…

「形式」を扱う

最近、スクワットを1日5回だけするようになった。 5回だけである。 「1日5回のスクワットで健康になれる」というのはさすがに針小棒大なものの言い方だろうし、別に1日5回だけに甘んじて健康になろうっていうほど自分の体のことを舐めてかかっているわけでは…

「空間」を受け容れる

家にいるということにより深淵を見てしまうことにも飽きたので、今日は無を取得した。 いい天気だったので。 家の近所 この奥に通っていた公立中学がある。 やけに静か。 近くに寄って体育館があった場所を覗いたけどそこは更地になっていて別の場所に新体育…

今日のブログには中身がありません

一昨日が規格外に暖かかったのに、急に寒い気候に戻るとどうしたらいいのかわからなくなる。 結果、何もしなかった。 昼間ツイートした記事。 wired.jp これに関連する、インターネット情報の画一化について、去年くらいから思うことがあったので時折人に話…

人の好き嫌いに口出しをする権利はあるのか

昨日はブログを書こうとする前にビールを飲んでしまい、結局書けないまま寝てしまった。 お酒は止めたいと何度も思うのだけれど、ビールが美味しいのでどうにも止められない。 つらい。 今日だけで一ヶ月分くらいは話をした。2016年は密度が濃い。 現場にい…

フジファブリックはいつかフィッシュマンズのような若者の預言者と成り得るのだろうか

内田樹『寝ながら学べる構造主義』を読んだ。 寝ながら学べる構造主義 (文春新書) 作者: 内田樹 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2002/06 メディア: 新書 購入: 43人 クリック: 418回 この商品を含むブログ (343件) を見る 名前だけ知ってて思想の中身全…

最近Apple MusicでDCPRGばっかり聞いてる。

今日はずっとアートとデザインの境界について考えてた。 知識通りに取るなら「デザインは解決、アートは問題提起」ということなんだけど。(有馬トモユキさんの『いいデザイナーは、見た目のよさから考えない』に書いてあったはず) いいデザイナーは、見た…

気づき

文章書くの、思った以上に頭使ってない。 ただの事務作業だ。

朝ごはんモグモグ!

自然には、言葉に変換しようとすればこぼれ落ちてしまう部分が存在するし、言葉には、その表現で以って高度な感情や情景を共有することが出来る能力がある。その特性から、自然はアナログ的なもの、言葉はデジタル的なもの、として考えることも出来るだろう…

Convert

考えを文章に解放させる行為は、逆に考えて、思想を言葉にする上で発生した残りカスみたいなものを脳に蓄積させる行為なのかもしれない。

Limiter

文章を鍛えたい、だから表現においてリミッターが解除出来る場が欲しくてこのブログを開設した。 色々な顔を持ちながら生活してるとやはり自分の中のスタンスみたいなのがいつの間にか拠り所になっていて、そのスタンス的に、記したら負けだと思える様な出来…

Be Must Kreative ?

クリエイティブな学生が通過する3つの門は、心理学、デザイン、イベント運営だと思う。全部バラバラだけど、共通してる要素は少なからずある。 心理学の目標は、人間の心を「文脈的」に判断することであり、デザインが行なっているのはあるスタイルを現実の…