ステップを踏めない臆病な僕と誰かのために

高橋源一郎さんの新作「丘の上のバカ」を読んだ。 つい先日、「誰が音楽をタダにした?」を読んで、ポコラヂ上でそれについての議論を聴きながら少しわかった気になった以外では、久々の活字だった。しかも紙の本ではなく、Kindleで読んだ。Kindleの手軽さはとても好きで、紙の本特有の、フィジカル的な厚みと引き換えに、…