Bad Summer Day Blues

「感情を高ぶらせてペン先から煙を出すためにはそれなりの覚悟ってヤツが必要だ」

17SSに向けて

 今やらなくていつやるんだ、と問われているような気がする。

 それは、自分に今のしかかってきているのが大量の時間であり、それ故に、この生きてきた24年間の集積の整理であったり、それを元にした今からの何十年かの予報図を求められているからだ。だから、自分にとって今興味があることには、背に腹を換えてでも飛び込んでいかなくてはならないという構図だ。

 今のところは、特に大きいことをやり終えていない。自動車教習所に通う話は、資料請求を一度したきりで、住民票を受け取りに行くことがなんともめんどくさく感じられて、そこから話が進んでいない。スピーカーを新調し、部屋の香りを入れ替える為にTHANNのアロマを買いはしたが、スピーカーは音が鳴っているだけで、アロマは香っているだけで、僕には何の変化も起こっていない。今更大型旅行にも行く気にもなれず、ちょっとした旅も、一度タイミングを逃してしまったきり、次の一手は考えられていない。

 でも、近々免許も取りに行くだろうし、旅行にも行くだろうと思う。今やらなくていつやるんだ、という問題があるからだ。

 

 今、手がけようと思っている問題の一つに、作品を創り上げよう、というのがある。今まで2枚のCDを出しているが、片方はクオリティの問題として、満足が行くものでは正直無かったし、もう片方はクオリティには満足しているが、今ならさらに強度のある作品集を創れるし、創るための条件もまとまってきているという実感がある。ざっと挙げるならば、

  1. 楽曲クオリティ
  2. 作品のテーマ、及び説得力
  3. リリースにおけるインフラ

 条件③に関しては、今は個人環境でもデジタルリリースが非常に簡単になっているし、人脈や、自分の立ち位置的にも、自分さえ動けばある程度満足の行く条件が整うだろうと思っている。①については、現時点で自分が満足しているかは別として、最近になってやっとそれなりのクオリティの楽曲が作れるようになった、ということにしている。こればかりは、動いてみないとわからないだろうが、最低限のレベルは達成しているくらいの感覚だ。

 条件②について。これが自分の中で最も重要な問題で、解決すべきポイントであると認識していた。自分の中にある「テーマの不明瞭さ」「一貫性の無さ」は耐え難い問題であったと同時に、それがある種自分のチャームポイントであるとさえ思っていた。だから、作品に一貫するテーマを提唱すると同時に、それに対する説得力を持とうとするのは今まで大変難しかった。

 

 昨年から、ファッションブランドからヒントを得て、シーズン毎に一つずつのテーマを持つようにしていた。2015年の秋冬が「Echoes」、現在の2016年秋冬テーマが「Cuties」というように(因みに、今年の春夏はライブ休止期間が重なり何も考えていなかった)。しかしこれは、外部への提唱というより自分の中での整理という方が正しく、故に表立って説明できる概念というわけでもなかった。

 しかし、自分の作品集、アルバムを作るにあたって、時期で分けただけのようなものをコンパイルすることは無駄だと思った。それなら、SoundCloudに単曲で上げても同じことであり、その方がマーケティング的には小回りが効くからだ。だから、「ひとまとまりで出す意味」についても考える必要があった。

 結果として、今は一つのテーマを見出し、作品を制作している。この結果においては、スピーカーを変えたことによる音の変化がヒントになったし、香りの導入が一つ大きなモチベーションになった。肝心の楽曲は現在着手したばかりで何の完成図も見出だせていないが、今までとは裏腹に、やたらとその完成の未来については自信がある。アルバム"echoes"の制作を止めてしまったように、どこかで頓挫してしまう可能性もあるけれど。

 テーマを考えるきっかけとなったのは毎月PAとして参加しているポコラヂであったり、この前開催されたイベント「大都会と砂丘」での体験も一つ考えるポイントになった。人の表現する音楽と向き合ったり、同じアーティストの思想にぶつかったりすることで、自分の感覚が整理でき、一つの作品に向かう自信が出来た。

 今月末くらいを目処に、少しずつ情報を拡げていきながら、またその情報から自らも影響を受けるような形で作っていきたい。社会に出る前のこのタイミングでないと表現できないことについて、今でないといけないことを、少しずつ昇華していきたい。