Bad Summer Day Blues

「感情を高ぶらせてペン先から煙を出すためにはそれなりの覚悟ってヤツが必要だ」

OPNとポップ(不完全)

OPN新作 "Age Of" のレビューを書かせていただきました。UNCANNYにて公開中。

uncannyzine.com

 レビューを書く為に早い段階から音源を聞かせていただいていたのだけれど(主従関係が逆という説も存在する)、その時に使ったPromojukeboxというサービスが上手く機能しなかったためかiPhoneで気軽に聴けず、結果としてPCと向き合う時だけ聴けるというなんか神聖な感じが醸し出された。でも結局日本先行リリース日には間に合わず、最後の方はSpotifyで流し聞きしながら書いていた(筆が遅いのと乗らないのとでこれで飯を食っていける将来は全く浮かばない。UNCANNYいつも優しくてありがとう)。いつもの通り、アルバムを紐解く一助にはならないと思うけどとはいえ読み物としてそこそこ楽しんでくれれば幸いです。音源は音源で僕はとても好きでした。

 今回は本当に難産だったのと、書き上げて数日経った今でも一体どこに主軸があるのかあんまりハッキリしない。締め切りが無ければ何も書けず何も産まれないという「逆『虹の彼方に』状態」に陥るところだった。とはいえ、アートワークの付けられ方からツアーの異常なコンセプト、そしてOPNの執拗なまでの外壁の固め方からして「これは"Age Of"ってことは"Age Of"についての作品なんだろうな」ということは分かった。あとはいただいた資料とか、今自分が気になっているところとかの部分をくっつけながら、どうにか複雑骨折に至りながらも書くことが出来た。つまりはだいたいいつもの通りということです。

 全然関係ないんだけど昨今のヴェイパーウェイヴ的懐古主義を表層だけ抜き取ってポップに繕っているイベントフライヤーとかのあの感じがどうも受け入れられなくて、あとは並列にして語っていいのかはわからないけどニコ動とかで未だに盛り上がってる淫夢ネタみたいなのも発言を追う分には何も思わんけど確かにこれって良いのかみたいな問題があって、つまりこう言われたら→こう返す、っていうルーチンのレスポンスが備わっていて、そこに本質を考える能力が欠落してしまっている、という部分に対するもやもやがある。中にいる人たちにとってはそんなの関係ないだろうし、そもそも本質って何やねんいちいち歴史追わないといけないのか、というのも分かる。Vtuberもキズナアイが体力測定やってる時期あたりまでは面白かったけどそこから先は結局キャラ文化に飲み込まれていってしまうのねという寂しさはあった、あとみんなやっぱり匿名性というか別人格が欲しかったのねという話をこの前した。これは本当に関係なかった。

 で、"Age Of"のアルバムで取り上げられてるアートワークはJim Shawの"The Great Whatsit"という作品らしく、それ自体は上記レビューでも書いたんだけど、このイラストはまさに前述のポップ的消費のやり方を逆手に取っていて、つまり絵の中でMacbook Proの前に立ち目をキラキラ輝かせているのはポップ的なヴェイパー感を消費している僕たちであり、それらがレトロタッチに書かれているという構図になっている。その中で僕たちはブラクラによって開かれ続けるウィンドウであり、「お前を消す方法」と記入され続けるカイル君である。

 ある程度とっちらかったところで書く気力がなくなったので終わり。上記の記事、4,000字くらいありますが時間があればどうぞ。